千葉 大網白里 土気 空手道場 空手教室 「正竜会」の鈴木館長挨拶

大網 土気 空手道場 正竜会 館長挨拶

見出しアンダーライン

皆さんは、空手に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

かつては、柔道の姿三四郎に対して、悪役の空手家、桧垣兄弟が登場してすっかり悪者のイメージがついてしまった時期がありました。

私が空手を習い始めたころは、
「空手を習うやつは不良だ。」とのレッテルを張られたものでした。

ところが、今や世界中で親しまれ、競技人口は増加の一途をたどっております。
来るべき東京オリンピックでの正式種目として採用されることがいよいよ現実味を帯びてきました。

これまで、多くの諸先輩方が、安全を第一にルールの改正や練習方法を模索し、今日の繁栄を築き上げてきました。

しかしながら、空手が本来持つ、武道としての部分があまりにも置き去りにされ、スポーツ空手に走ってきたようにも感じられます。

古くは、戦うための武術として継承され、自分の身を守る、相手を倒す目的で切磋琢磨してきたものが、競技に勝利することだけの空手になってしまったような気がします。

安全なルールの下で優秀な成績を上げることはもちろん大事なことですが、空手の持つ武道としての本来の技を継承していくことも大切な事だと考えております。

正竜会門下生粂

丁寧な指導。

 

私は、これまで他流派を学ぶ多くの方々との交流や、キックボクシングをはじめとする異種格闘技を学ぶたくさんの友人と交流を図ってまいりました。

特に、大相撲の阿武松広生(白いウルフのニックネームで土俵を沸かせた元関脇益荒男)親方には、道場生を伴って定期的に稽古を見学させていただいております。ちゃんこ料理をごちそうになりながら、プロの厳しさや崇高な親方の考え方、生き方等お話しいただき大変感銘を受けております。

親方は子供たちに、
「君たちは空手の技を鍛えると同時に、心も鍛えているのです。例えば電車でお年寄りが乗ってこられたときに勇気をもってどうぞと席を譲るような、また友達がいじめられている時に助けてあげるような強い心を持ってください。」とのお話に、子供たちも大きくうなずきながら聞いております。

親方の弟子を思う気持ちや周りに対する心遣いなど国技である大相撲を愛し継承していく姿勢は本当に勉強になります。これからも引き続きこのような機会を設けたいと思っております。

正竜会門下生粂

リーダーシップを発揮できる人財を育てる。

 

最近の子供たちを見ていると、両親に大切に育てられ、怒られることもなく成長し、また、学校においても先生に怒られることもなく卒業し社会に出て行きます。そこで初めて、先輩や上司に怒られ、ショックを受け「うつ病」になり、病気療養で長期の離脱をしたり、最悪せっかく入った職場を辞めてしまう優秀な若者を多く見てまいりました。

私は練習の中で、「叱る」ことも大事と考えます。叱られることに慣れることも大事なことなのです。
社会に出たときに、「鈴木先生に怒られたことに比べたらなんてことないや。」と思えるような強い心を持ってもらいたいのです。

正竜会門下生粂

幼稚園~小学校低学年から

正竜会門下生粂

大人まで年齢や性別を問わず汗を流せる空手道場。

 

これまで学んだ技術や精神を次代に伝え、真の武道家を育て社会に貢献できる人材の育成に尽力したいと思っております。

宮城長順先生の遺訓に「人に打たれず 人打たず 事なきをもととするなり」という有名な言葉があります。

「剛柔流を学ぶものは決して人に打たれるようなことがあってはならない、また、人を打つことはもちろんいけない。剛柔流を学ぶものは、人と対峙するような危険な場面を極力作らないことが肝要だ。」と先生の言葉を私なりに解釈しております。

この精神を正竜会の基本理念に、剛柔流を学ぶことに誇りを持ち、次代に伝えたいと考えております。

正竜会門下生粂

厳しい練習の後には笑顔が絶えない。

 

大切な人を守るには、優しさだけでは守ることはできません。強い肉体と精神力が必要です。安全な国日本でも、最近は凄惨な事件・事故が後を絶ちません。自分の身や大切な人を守るには己を極限まで鍛え、強い精神力を養うことが必要です。強い精神力があって初めて人に対して優しくでき、危険に際しても、落ち着いて対処できるようになるのです。

老若男女誰でも取り組むことのできる空手道こそ最もふさわしい現代の武道だと思っております。ぜひ一度空手道の門をたたいてみてください。

正竜会門下生粂

一緒に心と体を鍛えましょう。

 

空手道場 正竜会 鈴木館長プロフィール

見出しアンダーライン
正竜会門下生粂
空手道場 正竜会館長 鈴木孝
  • 高校2年生の時に空手を始める。(和道流)
  • 千葉市役所空手道部入部(松濤館流を学ぶ)
  • 全日本空手道連盟剛柔会勝正館千葉支部に入会
  • 全日本空手道連盟剛柔会の全国大会に選手・監督として出場
  • 平成1年に大網白里町〈現大網白里市〉に勝正館空手道正竜会を設立。多くの有段者を輩出する。
  • 国際勝正館事務局長・事務総長歴任。大会主催委員会委員長として各種大会を開催し空手の普及を図る。
  • 平成26年3月をもって勝正館を退会
  • 同年4月より剛柔流武道空手正竜会として活動を始める。
  • 千葉県山武郡市空手道連盟 常任理事
  • 千葉県山武郡市空手道連盟 副理事長

空手道場 正竜会館長 鈴木孝

空手道場正竜会鈴木館長香取神宮にて

香取神宮にて修行に励む若き日の鈴木館長。

 

見学会・体験入会随時開催中!初心者大歓迎!

見出しアンダーライン 千葉空手正竜会電話連絡先

千葉 大網 あすみが丘の空手道場「正竜会」では随時見学会と体験入会を実施しています。

ご希望の方は下記お問い合わせからご連絡ください。

千葉空手道場正竜会門下生紹介

指導経験豊富な館長がご案内いたします。
お友達やご父兄のみなさまお誘いの上お気軽にご参加ください。

道場・練習風景紹介はこちら

正竜会門下生粂

 

 

一緒に心と体を鍛えて強くなりましょう!

正竜会門下生粂

 

正竜会門下生粂
千葉 大網白里 土気 あすみが丘空手道場入会受付

空手道場 入会受付中

大網白里・土気あすみが丘で活動中の空手道場(空手教室)の入会案内はこちら

  • 空手道場正竜会へ電話でのお問い合わせはこちら
  • 空手道場正竜会鈴木館長の挨拶
  • 剛柔流とは。千葉空手道場の正竜会が解説します。
  • 空手教室正竜会の指導
  • 千葉正竜会空手教室の練習風景写真
  • 千葉空手道場正竜会門下生紹介
  • 2015年正竜会夏合宿報告はこちら
  • 受講生募集中の初心者でも子供や女性にも人気の空手教室の選び方とは | 千葉 大網白里 土気 空手道場・スクール探し
  • 井上猛雄先生書正竜会ロゴについて

道場案内

見出しアンダーライン

大網道場

大網白里市立大網小学校
住所: 大網白里市みどりが丘三丁目18番地5

千葉道場(土気小学校)

千葉市立土気小学校
住所: 〒267-0061 千葉県千葉市緑区土気町1634-2

→2018年6月から、あすみが丘プラザ改修工事に伴い、土気小にて開講します。

千葉空手道場正竜会門下生紹介
入会について

入会案内について
随時入会や見学会を実施しています。
ぜひお気軽にご相談ください。

見学会・体験入会についてはこちら

練習日程について

練習日程は随時更新しております。
下記のリンクから日程をご確認ください。

詳しくはこちら

剛柔流とは

沖縄の宮城長順先生により完成され、武道としての空手だけではなく、体育教育の一環としても広く普及を図る。その後、本土に普及、現在では、松濤館流・和道流・糸東流とともに日本の4代流派の一つに数えられる。「全日本空手道連盟」は、この4代流派により構成される。 特徴は、接近戦を得意とし、金的を防護するための猫足立ちの構えがつとに知られている。

詳しくはこちら

館長紹介とメッセージ

指導方針
先人の築いた剛柔流の技や心を正しく伝え、剛柔流の持つ武道空手の側面と現在のスポーツ空手の側面を調和させ、真の武道空手を目指します。

詳しくはこちら

Copyright(c)2015-2018 千葉県 大網白里 土気あすみが丘 空手道場 正竜会.All Right Reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。

Powered by Argonauts Co., Ltd.